カナダ西部のアルバータ州に2年間いて思ったことや体験した7つの事を議論してみる

永住権

わたし個人はカナダにかなり長い間いますが、オンタリオ州のトロントだけに住んでいるわけではありません。カナダの西部の州であるアルバータ州にも2年間ほど滞在した経験があります。

本日はその2年間でわたし個人の経験からみなさんのような留学生がそのような田舎に住むとどのような利点や欠点があるのかを書きたいとも思います。

この記事を読んでいただくと、あなた次第ではカナダ留学がバンクーバー(ブリティシュコロンビア州)やトロント(オンタリオ州)だけではなくその他の選択肢がある事もわかります。

興味がある方は読んでみてください。

留学するには英語や文化の理解度が高い必要とがあると思う(1個人の意見です)

日本人に有名なバンクーバーとトロントですが、日本人から多いからあまりお勧めできないという人がいます。これは半分はあっていますが、半分間違っています。

そのような留学地には日本人が多いため手軽に留学ができます。これは仕事の面でも有利に働きます。

例えば、知り合いの日本人からメキシコ料理店を紹介してもらって仕事をGETしたとかまたは知り合いから日系の雑貨店を紹介してもらったなどなど、色々あると思います。

また、万が一に事故などで入院するようなケースでもバンクーバーとトロントでは医師などに限定しても日本語を話す人を見つける事は難しい事ではありません。

では日本人が極端に少ない場所に英語力が乏しい状態で行ってしまうと、どうでしょうか?

まず、日本人が少ないような場所では、日系のレストランも少ないし、日系の人も極端に少ないという事が一般的です(日系の80%がトロントかバンクーバーにいます)。

仕事探しにも友達を頼れないし、友達を作るのも難しいという事になりかねません(基本的に、このような場所では日本語の英語のアクセントになれていない人が多いですし、留学生も少ない)。

自分の英語力で日系以外の職場で仕事を見つけるしかありません。(しかも、その場所には日本人留学生は少ないはずです)

万が一、病院などに行っても日本語を話せる人がいない(少ない)、日本食を売っているスーパーなども少ない。いろいろな意味で孤独なわけです。

そのためにどうしても、敷居が高くなります。具体的に英語やカナダ文化をよく理解している必要があります。

TOEICでいう高得点(800点-900点くらい?)や、またはオーストラリアやニュージーランドに1年-2年間滞在した事があるなどなど、そのような方にお勧めになるわけです。

アジア系の友達ができにくい(そもそもアジア系の人間が少ないため)

カナダに15年滞在していて改めて思う事ととして、アジア系の友達の方が付き合いをする上で楽な事が多いです。

これは文化的に近い事が要因であるという事は間違いないと思います。具体的にはわたし個人の中南米の友達では待ち合わせ時間から30分程度は遅刻ではなく時間通りとカウントすると言っている友人も多いです。

また、人生はとにかく楽しむものだ!と言う中東の友人は翌週に仕事があろうとも、ナイトクラブに通っていましたね。

また、一部の国では豚を食べないや牛を食べないなど、週末に食事をしようにもどうしてもうまくいかない事が多々あります。

もちろんすべての人が上記のような方ではありませんが、国によってはそのような傾向がある事は間違っていないと思います。遠回しになりましたが、異文化を勉強できます。

皆さんがカナダ留学に来た場合にはこのような方々と一緒に無理やりでも異文化を勉強するために行動を共にするという事はお勧めです。ただし、異文化を理解することは意外に難しいです。

ちなみに、カナダの地方都市での就労経験はこちら

アジア系のスーパーが少ない

カナダの田舎で本当にきつかった事にアジア系のスーパーが少ないという事が挙げられます。

具体的に言うと、日本のお味噌汁や納豆などの食品はトロントのなどのアジア系のスーパーでは簡単に買えますし、バンクーバーならさらに簡単に買えると思います。

ですが、カナダの田舎の方だとこれが難しいので、食の面でホームシックになるかもしれません。実際に、わたし個人が滞在して一番きつかったのがこの食でした。

仕事はあるが、有名な留学地比べると少ない

カナダ国内で有名な留学地のトロントやバンクーバーには日系の会社が多いので探せばそれなりの仕事はある可能性が高いです。

ですが、地方にありしかも日本人が少ない場所ではどうでしょうか?あなたの英語力でガチで英語の仕事を探す必要があるわけです。

そもそも、それらに比べると人口が少ないために仕事の数も少ないと思われます。ですのでそのような欠点もあります。

日本人が少なすぎる(留学生には利点、しかしリスクはある)

日本人が少ないという事は、少なくてもカナダ文化や英語を勉強している方などにとっては利点にはなると思います。

つまり英語環境を作りやすいということですね。ですが、これは人によるかもしれません。

この場所のように、極端に日本人が少ない場合にはホームシックになる可能性が高いと思ってください。(わたしも結局はそのような感じでトロントに戻ってきました)

そのような環境になれている場合などでは話は違うと思いますが、いろいろな意味でストレスが発散できない環境であったわけです。

日本文化に興味を持っている人は意外に多かった。

カナダは日本人が好き、これにはもちろん賛否があると思います。わたし個人が経験したものでは肯定的にとらえるもらえる事の方が多かったですね。

例えば、ソニーがカナダ人の好きなブランドの1位に選ばれたとか、また近場のバーの名前が侍ビストロだったりとかいろいろありました。

ただし、フェミニストの方々からは日本は男尊女卑がひどい!一体どういう事?日本にはアニメのポルノがある一体という事?

そんなことしていると犯罪の温床になりえるとか..(とにかくなんで俺に言うの?)と、いろいろと直球で来ることが多かったですね。

とにかく寒い

カナダで気候がいいのはバンクーバーだけで、何とかなると思うのはトロント、カルガリー、モントリオールくらいですかね..?

まあ、もちろんその他の場所にも住んでいる方はたくさんいますのであまりこういう事は言いたくありませんが、冬は本当に厳しいです。

道が雪だらけとか、寒くて車のエンジンがかからないとか、真冬などは-40℃になっているので州政府が注意報が出たりと色々あります。

ただし、このような極寒の場所でも無料でオーロラが見れたことがあります。(すごいしょぼいやつですが…)

ちなみにカナダの寒さあるあるはこちら

まとめ

カナダ西部のアルバータ州に住んで、体験したことや思ったことを書いてきました。やはり気候や仕事のなどでカナダの人気の留学地とは違うという事がわかりましたね。

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

naturalogyによるPixabayからの画像

コメント

  1. […] カナダ西部のアルバータ州に2年間いて思ったことや体験した7つの事を議… […]

タイトルとURLをコピーしました