カナダの仕事(個人の)を紹介するよ  バーテンダー編

カナダ仕事

カナダ留学に実はよくある仕事の1つであるバーテンダー(レストラン/バー)の話です。これはわたし個人がアルバータ州という場所で経験した仕事です。

この記事を読んでいただくと、英語圏であるカナダでバーテンダーとして働くために必要な英語力や大体の職務内容などを一個人の経験から知ることができます。(ただし、職務などは会社によって異なると思う)

賃金とチップ

少なくても、カナダでは賃金はいいと思う。これはバーテンダーにはチップが多くもらるために、他の仕事に比べると給料の面はいい。

わたし個人が働いていたほぼすべてのレストランでは賃金は最低賃金で(マネージャーを除く)はあるが、チップがそこに入ってくるのでそこそこ高くなる。

これは一見すると、かなり低い賃金になると思うかもしれませんがお客さんが多いレストランではチップの額が、賃金よりも多くなるという事も珍しい事ではないです。

実際に、わたし個人が働いていたバーではベテランのサーバー(バーテンダー)の方が6万ドルー7万ドルの収入を得ていました。

当時の最低賃金が$12で$16が時給くらい。ただし、時給は曜日によってかなり異なる。

たとえば、金曜日と土曜日はチップが一番稼げる曜日だった。その反面、平日の月曜日と火曜日は客が少ないそのためにそのチップが少なくなる

つまりチップは本当にあなたの働く、曜日や環境次第、ベテランになればそれだけ多くのテーブルを持つことになる。(ただし、レストランによってチップは均等にわけるという場所もある)

必要なTOEICレベル

かなり高いTOEICが必要と考えています。具体的に800点くらいはないと、仕事を回すことも難しいと思う。

一般的に客と話をしながら、お酒を出していくために常に英語で話をしながらお酒を作る感じになる。一般的な世間話や、その時のトレンドなどある程度はネタを仕込んでおく必要もあった。

また特に金曜日、土曜日、日曜日には酔っ払いに絡まれることが多く、英語でうまく、納めないといけない現場が多かった。

“とにかく、無鉄砲に飲む人が多いのがカナダ?このような状況下では相手を敬語を使いながら説得する英語も必要

バーテンダー仕事の内容

1お酒を作る

とにかくこれが一番、面倒で大変。この覚える作業で作らないといけないお酒の数は100種類を超えていた。

基本的にお酒が好きで興味がある人なら問題はないと思うが、お酒をあまり飲まないという人には覚えることが多すぎる仕事だと思う。

スクリュードライバー【ウッカとオレンジジュー】やアップルマティーニ【ウッカ、アップルスナップス、アップルジュース】と、まあ、簡単なものでもこんな感じで2種類、3種類となり多いやつだと5種類という事もあった。

2 バーなどの洗浄

当たり前といえば当たり前の仕事の一つである、しかしこの仕事もチェックをする人によって難易度が激変する。

一般的な従業員は何人かのマネージャーの下にいたけどマネージャによって確認のレベルが大きく違う職場だった。

3冷蔵庫からお酒を補充

あとにも書くがこの仕事のかなりきつい部分、補充しないといけないお酒の量が半端ないという事をここで書いておきます。

とにかく、手が冷える仕事であった事と、これが一番疲れている一番最後の仕事だったことはきつさを倍増させる

4世間話

その当時ですでにカナダには長期間滞在していた。だが、まだまだ英語はネイティブのレベルではなかった(といっても90%くらいは聞き取れる)。

わたし個人のような移民の方でアクセントがある方の英語を聞き取るのは結構、苦戦した。

また、世間話もできるだけ話を振られたら振り返すのがバーテンダーのマナーらしいので、そこらへんも悩んだところでもある。

5 バーのお金の管理

バーテンダーではもちろん、お金の管理もする。お客さんから注文が入るお酒を用意するその後に食べ物などの注文をして会計の処理をすることになるのだけど、なぜが会計分のお金が多いときとか少ないときがあった。(少ないときの方が多かった)

おそらく、忙しいときに慌てて会計をするもんだからこのようなミスにもなったんだと思う。

この仕事で良かった事

とりあえず、よかった事と言えば現地の色々な情報が世間話からわかった事。その影響で文化や現地の事など色々分かった。とくに気温がとても寒い場所で過去50年くらいだと7月以外はすべて雪がふっているそうだ。

にもかかわらず、カナダ全土では5番目に大きな都市(人口比)であった。その理由は原油、そうカナダは世界で有数の原油の産地だった。(カナダの原油の産地がアルバータ)

そういえば、羽振りがよく、チップを1撃で$50とかいう人がそこそこいた。日本では絶対に経験できない経験だった。

また、仕事の終わりには1杯だけお酒が飲めることは利点だった。

この仕事で良くなかった事

上で少し書いたけど、酔っぱらいが多い事。

日本だとお酒の飲み過ぎは個人の問題であると思う。カナダではその人がどれくらい酔っているかという事を調べておくのはバーテンダーの仕事で、あまり飲ませすぎるとバーテンダーの過失になるのはきつい(実際に捕まった人がいる)

また、週末の混む時期にはビールなどの補充がかなり多くなり、ビールなど100本補充するのは当たり前で多い時にはこれの数倍になる事もよくあった。

体力的には一番つかれる、仕事が最後だったこと。これがとどめの一発になる

おすすめできる人

給料は割と多い方だと思う。当時の最低賃金が$12程度の時期に$16はもらえた。なのでお金を稼ぎたい人にはお勧め。また英語力がすでに高い人にもおすすめの仕事だと思う。

ただ、英語力が乏しく、これから伸ばしたいという人にはお勧めできないかもしれない。この仕事が高い英語力が必要で中途半端な英語力で行くと仕事ができない可能性もある

面接の経緯

いまでも覚えているはわたし個人のメインの仕事が昼休みだった、午後1時から2時くらいの時間に面接があった事。【私の職場から徒歩圏】

また、質問で覚えているの“お店があなたを雇うと、どのような利点があるのか?

”という事とお客さんがいっぱいの時にビール瓶を割ってしまったり、した場合にはどうしますか?だったと思う。

回答はたしか、レストランとしては週末が忙しいのは知っていたので

”お店としては週末も働ける私のような人を雇ったほうが使い勝手がいいと返答した”

また次に質問にはあまりよく覚えていないけど、かなり固い返答をしたのを覚えている。

まとめ

今回はわたし個人のカナダの職歴であるバーテンダーの話を書きました。賃金や、職務や面接の事など色々、書かせていただきました。ぜひ参考にしてください。

Bruno /GermanyによるPixabayからの画像

StockSnapによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました