バンクーバーにてアパレルショップのFOEVER21での勤務経験 

カナダ仕事

今回はカナダ留学では最も人気があるバンクーバーでの就労経験でRUNAさんの記事になります。では行ってみましょう

1)賃金とチップ

はっきり覚えていませんが時給13ドル程度だったと記憶しています。残業代は残業した分がきっちり支払われました。

時給以外にはチップがありましたが、チップはスタッフで折半でした。チップはその時によって金額が違いましたが、それほど多い額ではありませんでした。

アパレル系は賃金が低いと思うかもしませんが保険などのBENEFITが充実しているケースもあります。また聞いた話だとボーナスがあるところもあるようです。会社によって違うようですね。

(2)必要だと思った、英語レベル(理想のTOEICのレベル)

同僚、お客様は外国人がほとんどなのでそれなりの英語力が必要でした。

ただし、FOREVER21は若いお客様も多くいらっしゃいましたし、同僚も10代から20代前半の若い人が多かったです。

堅苦しいビジネス英語や接客英語というよりも、カジュアルで若い人が使うような英語を使った会話が多かったように感じます。

TOEICのスコアで必要な英語レベルを測るのは難しいですが、おそらくTOEICだと800以上のスコアレベルの英語で会話をする力が必要かと思います。

接客で深い話をすることが多くないので、フレーズやよく使う言い回しを覚えればある程度は対応できるかと思います。

繁忙期などであれば、店側も大勢のスタッフが必要なので英語力があまり高くなくても面接である程度の会話があれば雇ってもらうことは可能かと思います。

ただ周りがネイティブだらけの環境なので、その後実際に勤務を始めてから大変かもしれません。

実際働いていくとなるとネイティブの人たちの中に入って相手の言っていることを理解する力、更に自分の意見を伝えられる程度の英語力は必要です。

若い子が多いカジュアルな環境だからこそ、あまりにも言っていることが理解できないとなかなかスタッフの中に入っていくのも難しいかな、と思います。

英語環境のいい職場だと思います。このような環境ではやはり高い英語力が必要という事ですね。

(3)DUTIES

・接客業務

店頭に立ち、お客様の対応をしたり、質問があった場合には受け答えをします。

FOREVER21のようなお店をお想像してもらうと分かりやすいかと思いますが、お客様に試着を促したり、積極的にお声がけをしていくことはありません。

ただフレンドリーなお客様が多かったので、お客様の会話の中にスタッフが入っていくことはよくありました。

日本の接客とは全く違いますが、そういう接客ができると常連のお客様から話しかけてきてくれることも多くなるので自分自身も楽しんで仕事をすることができると思います。

・売り場の整理整頓業務

営業時間中に定期的に売り場の掃除、陳列してある商品の整理整頓を行います。

私自身、日本でも販売員として働いていた経験があるのですが、私が働いていた店舗は商品の品数や店舗の規模の違いはありますが、日本ほどきっちり整理整頓されていなかった印象です。

掃除も営業時間中はあまり積極的にする人がいなかったのですが、私はフロアのほこりなどが気になってしまったので手の空いたタイミングでちょくちょく行っていました。

・キャッシャー業務

レジ作業を行います。

日本よりも遥かにクレジットカードやデビットカードなどのカード決済をされる方が多かった印象です。プリペイドカードタイプのギフト券を使用される方も多くいらっしゃいました。

現金で支払いをされる場合、日本ではキリのいいお釣りになるようにお客様が細かいお金を出すことがよくありますが、カナダの場合はお釣りのことは考えずに支払いをされる方がほとんどでした。

小銭を出されるときにカナダ以外の国のお金(特にUSドル)が混じっていることがよくあったのですが、ぱっと見では違いを見分けられない場合があるので注意が必要でした。

・試着室対応

試着をされるお客様に試着するお洋服の点数が書かれたプレートを渡し、試着室へ案内したり、試着中のお客様へのお声がけを行います。

また試着後に商品が返却された場合にはハンガーに掛けて、ある程度商品が溜まったら売り場に戻す作業も担当します。

お客様の中には試着中に色違いやサイズ違い、または店頭にある別の商品の試着を希望される方もいらっしゃいます。

そういう方がいらっしゃる場合には、下記のカラーラン担当者にお客様が希望されている商品を持ってきてもらうように引き継ぎをし、その商品が届いたらお客様へお渡しします。

・カラーラン

カラーラン担当者は試着室担当者から言われた商品を店頭より探して、試着室へ持っていきます。

基本的には店頭での接客業務を行いながらカラーランを担当しますが、膨大な商品の中からお求めの商品を見つけ出す必要があるので、商品がどこにあるのかを把握している必要があります。

セール中などは特に、商品の陳列場所が移動することがよくあるので、日本のお店で聞かれたら驚きますが、分からない場合にはお客様にどこで見かけたか確認することもありました。

・開店業務

開店前にフロアの在庫を確認し、足りない商品は倉庫から品出しを行ったり、フロアの清掃、レジの立ち上げなどを行います。

また簡単なミーティングを行って開店までの準備をします。

・閉店業務

閉店後の締め作業を行います。

具体的にはフロア清掃、陳列商品の整理整頓、レジの締め作業などです。

アパレルが好きな人には持って来いの仕事という事がわかりました。楽しんで仕事ができるというのはうらやましいですね。

(4)その仕事でしていてよかった事

一緒に働くスタッフが多いので、沢山の方と知り合うことができました。

ここで働かなければここまで英語を使う環境に身を置くことはできなかったかと思います。

(5)その仕事でよくなかったこと

日本との文化の違いや私よりも若いスタッフが多かったこともあるのかもしれませんが、マネージャーすらも仕事中に好きな洋服を見つけては試着をしに行っていました。

みんなでその試着した様子を見て長々と話をしたりしていることに、仕事しろよ、と思うことが多々ありました。

ただ働くうちにその環境にも慣れ、楽しみながら仕事をすることができました。

利点は英語環境で欠点はありがちのさぼる人が多少はいるという事ですね。カナダあるあるだと思います。

(6)どのような人にお勧めできるかまとめ

英語力がある程度あって、人とコミュニケーションを取ることが好きな人。

お洋服が好きな人。

またフレンドリーで自分から積極的にスタッフの中に入って会話ができる人にとっては楽しく仕事ができるのでおすすめです。

(7)面接時の質問

・今までの職務経験

・今までの販売員経験

・出勤時間などについての希望

・Forever21 の洋服を買うことはあるか

・なぜForever21で働きたいのか

・なぜカナダに留学をしているのか

・いつカナダに来たのか

など

面接の質問は一般的な質問みたいですね。今回はワーホリでの勤務経験でRUNAさんの記事でした。ありがとうございました。

勤務地:カナダ、バンクーバーのロブソンストリートにあったForever21

ニックネーム:Runa

ビザ: Working Holiday

Sue StylesによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました