バンクーバーでフラワーショップに勤務

カナダ仕事

私は、バンクーバの少しダウンタウンから離れたフラワーショップでフローリストアシスタントとして働きました。

人気留学地での就労経験ですね。フラワーショップですね。いい職場だと思います。では行ってみましょう

(1)賃金・チップ

 賃金は約14ドルと当時の最低賃金ぐらいだったと思います。

また、チップなどはもらえません。週3〜5日の平日に勤務し、バレンタインやクリスマスの前後は土日に関係なくシフトが入りました。

このような大きなイベントの前後では残業も1、2時間することが多いですが残業申請ができました。

なるほど、やはりバレンタインやクリスマスは需要が高いという事なんですねそうですよね、このような特別な日に花はロマンチックですもんね。

(2)英語レベル

 電話での受注やクレームの対応をするだけでなく花をデリバリーするスタッフの方とも連絡し合うため予想以上に高い英語レベルが必要だと思いました。

TOEC800以上あれば、おそらく問題なくどの業務もできると思います。でも、そこに至っていなかった私も他のスタッフさんの助けをかりながらどうにかして働いていました。

店内に立ち寄ってくださるお客様との会話は、日常レベルで大丈夫だと思います。

TOEIC800点と言うのは、何というか語学留学の一つの目標という感じがしますね。ここまでくると、とりあえずは英語で仕事につまずくことはないという感じなんでしょうか

(3)DUTIES

・開店、閉店準備

 出勤してまずは、開店準備を行います。開店準備をしながら水やりが必要なもの、店頭の商品でアレンジの直しが必要なものを仕分けていきます。退勤前は閉店の片付けを行っていきます。

・配達

 毎週お花の宅配サビースを受けているオフィスが沢山あるので、配達していきます。お店周辺の道の名前を覚えていく必要があります。

またその他のオーダーで徒歩圏内であれば随時、配達をしていきます。

わかりにくい道や建物もありますが迷ったときはとりあえず聞いて教えてもらっていました。ローカルの方はほとんど親切な方ばっかりでした。

・花、植物の管理

 店内のお花の水揚げ植物の水やりなどをしていきます。入荷日は、植物の水切りと値札管理します。店頭の商品の直しをフローリストさんにお願いし、自分でしてよいものは直していきます。

・英語でのお客様対応

 レジ対応やラッピングをしていきます。オーダーを受けることもあります。

対面での注文を受けるときは比較的取りやすいですが、それでもやはり分からない英単語や花の名前を聞かれることが沢山あり、分からないときは素直にスタッフに聞いて対応するような形でした。

その時にメモをとるようにしていました。働きながら自身の英語力の足りなさを痛感するのと同時に、留学前にもっと勉強すればよかったと強く感じました。

また、来店されるお客様の中には植物の管理方法を聞いてくる方もいらっしゃるので、植物1つ1つの管理の仕方などを調べて家で英文を作っては、次は絶対に答えられるよう準備をしていました。

ネイティブのスタッフがどんな風にお客様と会話しているか、電話の対応などかなり注意して聞いていたと思います。

分からないことは積極的に質問すると教えてくれるので、自発的に行動することが大切だと思います。

清掃、整理整頓

 キーパー内・フロアーの清掃や店頭のディスプレイの整理を行っています。イベントによって店内の模様替えやディスプレイを変えていくのでそのお手伝いもさせてもらいました。

なるほど、配達なども含まれるのですね。実に興味深いですね。ラッピングの技術はすごいですよね

(4)よかったこと

 英語に関していえば、私の店舗にはローカルの方しかいらっしゃらなかったのでリスニングやスピーキング力も伸びたと思います。

お花や植物の名前、手入れの仕方、ブーケのラッピング、寄せ植えの方法、アレンジメント等を学ぶことができました。フローリストさんたちのアレンジメントが毎回本当に素晴らしく、スキルやアイディアを自分のものにする絶好の機会だと思います。

また、ほとんどアレンジメントする機会はない中で数少ない自分の作った商品が売れ、お客様の笑顔を見たときはとてもやりがいを感じ感動しました。

ローカルの方と気軽に会話して関わることができたのも貴重な経験だったと思います。

(5)よくなかったこと

 大量の植物を店内に移動したり、大きな鉢やバケツを運んだり、力仕事はそれなりにあります。そしてほぼ立ち仕事です。

近場の配達が多い日は合計2時間ほど歩く日もあります。花屋さんというとオシャレで華やかなイメージをもちますが、とても体力のいる仕事です。

また、あくまでアシスタントという立場なので実際にアレンジメントする機会は少ないです。他の店舗のヘルプにいくこともあり、その店舗の仕事の流れが全く異なるので臨機応変に動かないといけません。

仕事の内容からアイディアを考える力が必要な仕事だとわかりましたね。また配達が多い日には当然ですが大変ですね

(6)こんな人におすすめ

 花屋さんで働いたことがある方や関連した仕事を経験した方はもともと豊富な知識があるので、即戦力になり喜ばれると思います。

花が好きな人、海外のフラワーアレンジメントに興味があり学ぶ意欲のある人が向いていると思います。また、力仕事に抵抗のない人も良いと思います。

(7)面接時の質問

 最初に履歴書を持って行ったときに、会ってすぐ「あなたはどれぐらい英語をなせるの?」と聞かれました。

やはり来店のお客様だけでなく、電話対応もして欲しいという意味もこめられていた質問だと思います。

その他には、いつまで働けるか、週に何日、1日何時間入れるか質問されました。

私は残りのビザが半年しかなかったので「短いね!」と言われたのですが、ありがたいことに雇って下さいました。当然ですがビザの残りが長ければ長いほど優遇されると思います。

バンクーバーだけではなく、トロントでもそうですが、ワーホリのビザの残り期限が半年と言うのは一種のラインとなっていることが多いですね。ですので、みなさんもあたまの片隅入れておいてくださいね。素晴らしい経験談ありがとうございました。

ASAKA

ワーキングホリデービザ

コメント

タイトルとURLをコピーしました