カナダ・トロントにてカウンセラーの仕事

カナダ仕事

カナダ留学では生徒さんを助ける、カウンセラーの仕事ですね。もちろん、わたし個人もよくしっているしごとです。今回はフォックスさんの体験談語学学校のカウンセラーです。

私は、ワーキングホリデーにてカナダのトロントに一年滞在していました。Work Permitを持っていた私は、幸運なことに現地の語学学校での職に就くことができました。

その職について書いていきたいと思います。

賃金

はカナダの一般的な支払方法である、月に二回の支払いでした。

方法としては、小切手による支払いでそれを銀行で換金する仕組みでした。サービス業にはなりますが、飲食店と異なりその都度料金が発生するものではないので、チップは基本的にありませんでした。

賃金は時給に換算すると17-18ドル程度でした。

なるほど、カウンセラーの仕事で$17-$18となれば、個人的には悪くない感じですが、留学エージェントではこれよりも少ないケースが多いかと

必要な英語力

  • 語学学校では、様々な国から来た方が働いていますが、「英語を教える場所」であるため、どのスタッフも英語のレベルは高いです。
  • TOEICでのレベルは指摘しかねますが、現地で主流の英語資格IELTSで申し上げると、少なくとも6.5-もしくは7.0-というところになるかと思います。
  • ほとんどのスタッフの方が現地カレッジを卒業されているので、そのようなレベルになるかと思います。

IELTSの6.5から7は簡単には比較できませんがTOEICで言うと800点から950点くらいの幅みたいですね。確かに、レベルは高いみたいです。

面接

面接では、業務で使用するパソコンの操作が可能であるかなど基本的なことはもちろんのこと、自身のこれまでの英語学習、カナダへ渡航しようと考えた訳、これから留学してくる人に対して、どのように接する意気込みかなどを聞かれました。

面接を行った学校長はカナダ人のため、終始私が話す英語は評価の対象になっているように感じましたが、リラックスした雰囲気を作ってくれているのが救いでした。

カウンセラー系の仕事はほとんどのケースでその人の人間性とか考え方などが採用の条件に上げられることが多いようですね。

DUTIES

事務補助

私の仕事は大きく二つに分かれていました。一つ目として、始めの期間は、例年通り生徒が増加する時期ということもあり、事務補助を行うことろから始まりました。

日常の仕事そしては、学校の環境整備が主でした。備品(チョークや黒板、パソコン)などの整備管理や、クラスの人数が教室の大きさに合っているかなどを確認すること、そして各証明書の発行です。

週に一回の入校日には、入校する方々に対してクラス分けテストを行うため、その運営と採点、クラス分け、生徒へのクラス通知を行っていました。またその入校日には、生徒の本人確認と必要書類の確認を行っていました。

パスポートの確認(重要)

まず、最初に確認する書類はパスポートでした。事前にコピーなどを学校側に送付している場合は、その手順を省くことがありますが、基本的に最も重要な書類としてパスポートの確認を行います。

カナダは移民対して寛容な国であり、非常に人気の移民先となっています。だからこそ、学校等に入学する生徒は身元の証明が必要になります。

時によっては移民局からの抜き打ちの検査も想定されるため、トラブルを避けるためにもそういった書類を確認するのです。

保険の確認

また、滞在に関する書類としては保険も確認しなければなりません。

カナダ政府の推奨に加えて、語学学校では保険への加入を義務付けていることが多く、私たちも生徒が保険に加入しているかを確認し、していなければ提携している保険への加入の手続きを行う作業を行っていました。

カウンセラーの仕事

二つ目の仕事は、カウンセラーとしての仕事になります。前述した通り、語学学校には様々な国籍のスタッフがおり、彼らは一般的にカウンセラーと呼ばれます。

カナダの語学学校の生徒は基本的に、外国(カナダ以外の国)からの生徒で、英語の上達を目指している方々になります。

しかし、想像に難いことではありませんが、英語を上達させるために入校したのに、いきなりすべて英語で話されて、すべてに対して英語で答えることを求められてはどうでしょうか?

それができたらそもそも入校してない、という話ですよね。はじめからすべて英語で話してしまい、生徒が理解できないまま事が進んでしまっては、最悪の場合トラブルにつながってしまいます。

それを防ぐためにカウンセラーがいます。カウンセラーには基本的に生徒の母国語で話すことができるため、学校生活における不安や気になることを相談することができます。

私は日本人カウンセラーとして勤務していたので、基本的に日本からやってきた生徒さんの管理を行っていました。

私からはビザについてなど重要な点を日本語で説明することはもちろんのことながら、様々な相談を受けそれに対して回答をしていました。

英語の上達方法から、カナダ国内での進学について、そして日常に関する質問まで多岐にわたっていました。

それらに対して答えることで、生徒さんの不安を取り除きつつ、学校を最大限に楽しんで活用してもらうサポートが重要な仕事なのです。

パスポートや保険の確認は万が一のケースがありますから、絶対にミスができない仕事ですね。神経がめいりそうな感じですが、お疲れ様です。

その仕事をしていてよかったこと

まず、日常的に英語を使うことができることです。

カナダに渡航してみてわかることですが、ワーホリの身であると、積極的に自分から話す場所を求めないと、意外と英語を話す機会が少なくなってしまうということです。

その点この仕事では。もちろん日本語は使いますが、基本的に同僚との会話、メールはすべて英語のため、英語が錆びついていく心配は少なかったように思えます。

それに生徒も含めて様々な国籍、経歴の方々と出会うことができるのもこの仕事の魅力でした。

この仕事で少し気になったこと

良くも悪くも「カナダ環境」であるため、同僚どうし自分の意見を強くぶつけ合うので、黙っていると蚊帳の外へと追いやられてしまいます。

日常的にその議論についていくのに必至で、やや疲れる部分がありました。

大げさになってしまいますが、この仕事は柔軟性と強さが同等に必要な仕事だと思います。語学学校は生徒あっての場所なので、その日その日で状況が変わっていきます。

そんな中でもしっかりと生徒さんに最大限のサポートを提供すること、そして職場の中で周りに流されないことが重要になると思います。

留学業界に興味がある方はもちろんのこと、海外における教育の姿を見たい方にもおすすめです。

トロントで働く事の利点に、多国籍であるという事が上げられますね。実際に色々な文化の勉強ができます。

また基本的に英語圏は自分の意見をストレートに主張することが、一番大事とされていますので、これも日本ではあまり経験できないかと

今回はフォックスさんの経験談でした。

ニックネームはフォックス

ビザはワーキングホリデービザ(1 Year Open Work Permit)

eomminaによるPixabayからの画像

ScottslmによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました