カナダでアルバイト!カナダおじさんが経験した仕事5選 オフィス編

カナダ仕事

携帯ショップの店員

トロントにある韓国系の携帯ショップ、留学生あやビジネスマンなどの携帯のレンタル会社。短期間(1か月間から2カ月間)トロントに滞在する人に向けた用

利点

(1)携帯ショップだけに働いている従業員に、型が古いが使い終わった携帯などをほぼ無料でもらえた事。あと、韓国料理の賄もあった。

(2)すくなくてもトロントの携帯ショップは駅から近い場所にある事が多いみたい交通の便で便利だった事(私が働いた場所だけではないと思う)

欠点:

(1)客からの文句が多かった事、携帯のスピードやよく途切れるとか…その辺はプロバイダーの会社の問題なので、こちらで対処できません…それを言っても理解していただける方はあまり多くなかった事。

またレンタル携帯の画面に傷などがついた時には弁償になるのだが、納得してもらうことができない人が結構いた事。人生は楽ではない

(2)土曜日と日曜日が稼ぎ時なので基本、週末に長い時間を仕事をすることが多い。そのためにトロントの週末にしかやってないイベントに行けないこともよくあった。(トロントは夏の間には毎週、色々なイベントがあります。ただし2020年はありません)

給料:

$9-$10

当時の最低賃金:$9、給料は決して高くなかった、ただ賃金としては当時金融危機の真っ最中でもらえるだけましと思った。

必要英語力:TOEIC 400点-500点 程度

正直な話、たかい英語力は必要ないのではないと思います。それでも一般的な会話をできる英語力は必要だと思います。

仕事をGETした経緯:

トロントの有名なサイトであるe-mapleで仕事を探しました。面接時は韓国人のボスが面接をしてくれました。15分くらい、わたしの英語力を調べるように一般的な会話をした後に採用

おすすめしたい人

にほんの携帯ショップで経験があるとかなりスムーズに仕事ができるらしい、もちろんわたし個人は経験がなく苦労した。

ただ、カナダの仕事は内容よりは仕事場の環境と上司次第という事が圧倒的に多いと思う。

英語の先生

カナダの大学に在学中に英語力を伸ばしたい日本人に向けて英語を教しえていた。

利点:

(1)この仕事を通じて、自分の英語力も向上できることが利点で英語を教えるときに英語をもう一度、再復習する必要があるので英語が伸びる。

(2)日本人留学生の色々な問題などを知ることができるのも利点、どのような生徒がどのような問題に直面しているのかで解決策を提供できること。このブログの起点でもある。

欠点:

(1)正直に1番大変な仕事で英語ができない学生は、留学生活にかなりの不安を抱えていることが多くいろいろな意味でサポートが必要なこと。現に携帯の支払いやビザの問題を見たり、いろいろしたが家庭教師以外の給料はもらっていない。

(2)ドタキンが多い事は欠点だと思う、ただ今考えれば授業料の先払いやドタキャン時のキャンセル料などは決めておいてもよかったと思う。

給料:

$11-$12

当時の最低賃金:$10

色々な意味で給料だけではやってられない仕事だった。なんでも先生というのはいろいろな面で頼られる存在という事を身に染みて理解した仕事でもある。

必要英語力:TOEIC 800点-900点 程度

仕事をGETした経緯

その当時に働いていた留学エージェントにお願いされて始めた仕事の1つ、実際になんで私にこの仕事が来たのかは本当に今でも不明。面接はなかった

おすすめしたいひと

英語を教えることが好きな人、留学関連で働いた経験がある人にもおすすめ

留学エージェント

2020年のいまだとカナダの大きな都市などには必ずある留学エージェントですが、わたし個人も留学エージェントでも働いた経験があります。

利点:

(1)とにかく英語が伸びる、読み、書きが特に

(2)留学関係に詳しくなりビザ関係にも詳しくなる

(3)カナダの永住権に興味がある人は仕事をしながらそのような事を勉強できることは利点、じっさいにわたし個人はここでカナダには色々な移民方法がある事を勉強しました。

欠点:

(1)薄利多売、本当に利益が少ない業界みたいで残業出ない仕事をしている人もかなりいた。

(2)土日に仕事がある事もよくある業界

給料:$9-$10(実質)

当時の最低賃金:$10

必要英語力:TOEIC 730点-800点 程度

かなり高い英語力が必要、時によってはカナダ移民局に連絡する必要がある。この場合にはコミニケーションレベルでは仕事にならないと思う事も多々あった。最低でもビジネスレベルは必要

仕事をGETした経緯:

知り合いが留学エージェントで働いていたために、そのコネで偶然に働く事になったが思ったよりきつい職場

おすすめする人

留学系の仕事に興味ある方、英語を伸ばしたい方におすすめ

数学の先生

利点:

(1)日本の数学とカナダの数学とでは勉強する内容が学年によりかなりの差がある。実際に勉強したひとならわかると思う。カナダの数学はよく言えばゆとりがある、悪く言えば遅い。なので思ったよりも簡単だった

(2)この仕事を通じてカナダ人の友達が多くできた事、教えているお兄ちゃんやお姉さんが同年代で後々に友達なっていて、いまでも仲がいい人もいる。

(3)時給がいいのも利点

欠点:

(1)基本的に試験前にしか需要はない

(2)点数が取れないと講師のせいにされる事(理不尽)

(3)カナダの大学と高校は同じ時期に同じ期末試験や中間試験があるために、勉強を教えながら自分の勉強もするということになるというのは欠点

給料:$15-$16

当時の最低賃金:$9

必要英語力:TOEIC 550点-600点 程度

カナダの中学生から高校生までの数学のお手伝い、思ったより難しいように聞こえるかもしれなけど、数学を教えるのに高い英語力は必要ない。教える数学さえよく知っていれば英語はなんとかなる。

仕事をGETした経緯

カレッジ時代に数学はある程度できたので、友達を教えていたらその弟が数学を勉強する必要があり、そのようないきさつになった。

おすすめする人

数学が好き、または日本で数学が得意だった人。またある特定の時期にひまが取れる人にはおすすめ特に、4月と12月の終わりくらいの1-2週間(どちらも期末試験の時期)

SKIPTHEDISHES(UBERに似ている会社)

これはオフィスじゃないだろ?と思ったあなた正解!すいません。ありませんでした。

カナダに留学している人なら働いた事のある人もいると思う、基本的に食べ物を届ける仕事です。

利点:

(1)好きな時間に仕事ができることは利点

(2)稼げる時間が決まっている(その時間に働けば稼げる)

(3)レストランから“おつかれさん!”と言ってジュースなどを無料でもらえることがよくあった。

欠点

(1)時給が時間帯によって、最低賃金を割れることがあった事。とにかく時間が重要。

(2)あまりにも遅れると引き取りを拒否することがあって、チップなどの給料が発生しない。

(3)車か自転車が必要な事

給料:$11-$12?

当時の最低賃金:$12

必要英語力:TOEIC 350点-450点 程度

仕事をGETした経緯

カナダ国内の仕事サイトINDEEDで発見、面接なし

Canada Jobs (with Salaries) | Indeed.com Canada
Search 106,984 Canada jobs now available on Indeed.com, the world's largest job site.

翌日から業務開始

おすすめする人:

自転車でも、車でも運転が好きな人にはおすすめ、また今仕事を探している人にもすぐに始められるのでおすすめ。他の仕事を探している間にはいいのではないかなと思います。

まとめ

カナダの仕事オフィス編という事で書いてきましたが、どうでしたでしょうか?いろいろ書いてきましたがやはり簡単な仕事はないですね。クレームが多い仕事や生徒さんから理不尽にキレられたりすること。

ただ、もちろんすべてが悪いという事でもなくある程度のお金を稼げたことや仕事の関係で友達ができた事、また記事を書く上でやる気を起こさせてくれた日本人生徒たちには本当に感謝!

カナダに来たらあなたにぴったりの仕事を探してみてください。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました