カナダでの仕事内容【実録】   サラダバー編 管理職?

カナダ仕事

今回はサラダバー編をお送りしますね。経験者のMiiさんのお話です。当時のビザは VISA;ワーキングホリデービザでの経験ですね。

今回はMIIさんの職務経験ですねサラダバーの仕事ですが管理職のような仕事内容ですでは進んでみましょう

Q1. 賃金とチップはいくらでしたか?

お給料ですが、わたしはフルタイムで働いて1か月の収入がチップもあわせて1900ドルほどでした。日本円でいうと15万3千円くらいですね(1CAD=80.558円)。時給はオンタリオ州最低自給の14ドルです。

しかしフルタイムといってもわたしの場合は毎週必ず40時間働けたわけではなく、39時間や38時間などの週もあったので、しっかり40時間毎週働けばもうすこしお給料はあったと思います。

チップについてですが、わたしのお店はテイクアウトも店内飲食もできるお店だったのでレストランのように、来たお客さんがみんなチップを払うわけではありませんでした。

なので、チップは大体月200ドル。夏はお客さんが多いためもう少しもらえるらしいですが、わたしは秋から冬にかけて働いていたのでその程度でした。

でもスタバやテイクアウトのみのカフェで働くよりもチップはいいと断言できます。

カナダのレストランでは基本的に夏の方が忙しいはずですから、秋から冬のその時期に$2000以上稼いでいるのは素晴らしいと思います。仕事がすこぶるできる方だったのですね。

たしかにチップはレストランの方がコーヒー屋さんやカフェよりもいいのは間違いないと思います。レストランという事で食事をしに来るところでそれなりに頼みますもんね。

Q2. 必要だと思った、英語レベル(理想のTOEICのレベル)を教えてください。

続いて、必要な英語レベルですが、わたしはカナダに来て3か月語学学校に通いました。卒業時のレベルは中級レベル。

日常会話はなんとかできるけどペラペラではない、ネイティブの英語は一生懸命聞いて6、7割わかるくらいですね。TOEICでいうと600台前半でしょうか。

さて、気になる仕事内容ですが、ひとことでいうとわたしはお店のことはほとんど全部していました。といっても想像がつきにくいと思うのでひとつずつ順番に説明していきます。

MIIさんの仕事内容だと確かに600点以上は必要のように思います。一見すると管理職の職務内容です。それだけ、戦力になっていたという事ですね素晴らしいですね

Q.3 仕事内容を教えてください

  1. ディッシュウォッシャー

言葉の通り、お皿洗いです。求人をみてもレストランの皿洗いを募集しているところは多いです。単純作業で簡単ですがわりと体力がいります。

わたしは働き始めのころは皿洗いばかりをしていたので手首を痛めました。フライパンや鍋など重たいものもあるので女の子にはあまりオススメしません…。

  • 料理の仕込み

そのお店ではサラダ、スープ、スムージーを販売していたので毎日野菜を切ったりスープを作ったりしていました。特別難しいことはありません。同僚もマネージャーもみんなやさしく教えてくれました!

  • 注文をとる

注文をとるときは一番お客さんと接するチャンスです。英語聞き取れるかな、ちゃんと伝えられるかな、と心配している人も多いと思います。

でも、メニュー名さえ覚えてしまえば前後が聞き取れなくてもその人がなにを注文したいのかはわかります!とはいえ、たまに自分でサラダの中身をカスタマイズしたいという方もいたので完全に安心はせずに日々レベルアップに努めましょう。

  • サーブ

注文を受けたものを作ってお客さんに渡します。何種類もあるので最初は覚えるのが大変でしたが、毎日の出来事なので数をこなしていくうちに早くきれいにできるようになりました。

もちろん失敗もたくさんしましたが、そのたびにマネージャーが「最初はみんな失敗するし自分もそうだったよ、それに失敗しないと覚えないから大丈夫!」って励ましてくれたのでとても気が楽でした。職場環境にはとても恵まれていましたね。

  • キャッシャー

お会計です。レジといってもお客さんと1対1で接するのでネイティブの人と話せる機会です。レジをしている間でも、おしゃべり好きなお客さんは「週末どうだった?」「今日忙しいの?」

など、とことん話しかけてきます。ここでのコミュニケーション力は必要ですが、話しかけてくる方は大体やさしいお客さんや常連さんばかりなので心配はいりません。

うむー、まさに仕込みから、サーバーからキャッシャーまで多岐にわたっていますね 一般的には3人くらいの仕事内容です。お疲れさまでした

Q4 その仕事でよかった事は何ですか?

この仕事を通して得たことといえば、英語が下手だろうが外国で働くのが初めてだろうがそんなの関係なく、働いてお金をもらう限りはしっかり責任をもってやらなきゃいけない!

という認識を得ることができたことです。これは世界どこにいても同じですね。ただ、働き始めのころは「わたしみんなみたいに英語うまくないし、コミュニケーションエラーで少しくらい失敗しても大目に見てくれるだろう」という気持ちが心の中に少しありました。

たしかに大目にみてくれることはありました。でもお金をもらっている以上責任もって働くべきだし、そういう姿勢は周りにも伝わります。あとは、小さいお店だったのでお客さんとのコミュニケーションがしっかりとれた点ですね。

責任をもってやらないといけない”はい!本当にそのとおりですね。

うーん、仕事から英語力の吸収が他の方よりもかなり多いようにも思いますね。カナダ人とコミニケーションが問題なく取れるという事であれば、上級者ですね!

Q5 この仕事で良くなかったことは何ですか?

逆に、不満ではないけどもう少しこうだったらいいなーと思ったことは、従業員がオーナーやマネージャーもあわせて全部で4,5人しかいなかったんですよね。

「職場の同僚となかよくなってみんなで遊ぶ」みたいなことを想像していたので、同僚が少ないことに関してはさみしい気持ちがありました。

はい、確かに小規模のお店ではあるあるのケースのようですね。その反面、色々な仕事を経験できる+英語力が伸びるのですからリターンはありましたね。本当にお疲れ様です。

Q6 どのような人におすすめできますか?

ですが、全体的には満足です。ここで働けてよかったと思います。

なので、自分の実力を試したい方やお客さんとしっかりコミュニケーションをとりたい方、ひとつのことだけでなくいろんなことを一度にやってみたいという方にこの仕事はおすすめです。

いかがでしたでしょうか?今回はわたしが実際に働いていたお店について、気になる給料やチップ、仕事内容、良かった点悪かった点について紹介させていただきました。

これから仕事探しをする方の手助けにすこしでもなればうれしいです。

本当にいい記事でした。ありがとうございます。実録、カナダの職務経験はまだまだ続きます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました