カナダのお札を調べてみた結果 9つのお札が作られた経緯がなんとなく分かった

その他

一般的なお札で日本で一番、価値があるのは1万円札で間違いなかったと思います。このお札には日本でも有名な福沢諭吉(慶應 義塾大学の創設者)さんが使われていますよね?

また知っているかもしれませんが、幕末の時代に活躍した坂本 龍馬が5万円札に使われる予定があったのは知っていましたか?

日本の経済状況の変化でこの話はなくなってしまったようです。しかしカナダでもお札に描かれている人々は歴史的な偉人や文化物が多いようです。

この記事ではカナダのお札にはどのようなストリーがあるのか?という事を調べた記事になります。ぜひ、ほっこりしていってね。

100ドル札

一般的なカナダのお札だと、価値が一番高い、という事で間違いないと思います。確かに存在はするのですが、巷に流通している数はそれほど多くないと思います。

**カナダでは価値が高いお札は改刷されてから数年たつと偽札の対象にされてスーパーマーケットなどでは使うことができない場所もあります**

この方ですが、100年くらい前のカナダの総理大臣の方みたいですね。どうやら、第一次 世界大戦の混乱期からカナダを救ったという事でれきし的に評価が高い方みたいです。

50ドル札

わたし個人の経験で申し訳ないのですが、$20札と、共に1番よく使うお札になります。ちなみに、銀行のATMなどでお札を引き下ろすと$50札や$20札で出てくることが多いですね。

この方ですが、何とカナダの歴史で3期も総理大臣を務めた方みたいですね。また21年以上も総理大臣の職務に従事していた方でカナダの歴史上で最大の長さみたいですね。

また、この方は第2次世界大戦の混乱期からカナダを救った英雄という事みたいですね。

20ドル札

はい、たぶんカナダ留学をしている方でなんでイギリスの女王様がカナダの紙幣に使われているの?と、考えた方はたくさんいると思います。

わたし個人も、そのように考えたことがありましたね。実はカナダは昔はイギリスの一部でした。そのために、イギリスの国家元首であるエリザベス女王が紙幣に印刷されているという事なんですね。

たぶん、カナダでは一番使われている紙幣です。銀行などで、引き出す時にもこれにしとけば間違いないです。

10ドル札

カナダの$10さつですが、最近 新しく印刷された紙幣です。この方はカナダの初代と3代目の総理大臣みたいですね。

さらに、この時期には大きなプロジェクトである、鉄道工事に多大に貢献したみたいです。1880年代と言えば、アメリカやカナダでも西部 開拓時代で西側にたくさん人や物が移動したという事ですね。

5ドル札

はい、この方も少し前にカナダの総理大臣を経験した方みたいですね。どうやら、カナダの経済発展に多大に貢献したみたいです。

特に、移民関係にはかなりの成果を上げたようですね。今のカナダが移民を多く受け入れているのはこの方のおかげともいえるかもしれません。

2ドル札(廃止)

この$2札を見たことがある人は、そこまで多くはないと思います。わたし個人も16年間いますが、1回しか見たことがないです。

と、思ったらすでにプレミアが付いている紙幣だったんですね。と言っても、そこまで貴重と言うわけでもないようですね。

興味があれば

Scribner Auction (scribnernet.com)

1ドル札(廃止)

この紙幣はかなり古い時期の$1札になります、見ての通りにカナダがまだ、英国の一部だった時の紙幣ですね。こちらの紙幣ですが、さすがにオークションである程度の価値があるみたいですね。

500ドル札(使用不可)

まず、こちらの紙幣は一般的にカナダ国内には出回っていません。また思ったよりも価値がある紙幣もあるようです(いくつか種類がある?)

と言うのも、経済学的にインフレが高くなるとデノミネーションといって紙幣の額を統一する手法がとられます。1930年代のカナダでそのような事が起こり$500はすべて廃止に

その影響でしょうか?物によっては3枚しか、この世に存在しないようで、アメリカで家の額とほぼ同じの価格で取引されたそうです..

Withdrawn Canadian banknotes – Wikipedia

1000ドル札(2000年に使用不可)

こちらのお札はどうも銀行間で取引などで使われた紙幣みたいですね。とは言ってもすでに廃止になっています。また、この$1000紙幣ですがどうやらいくつかありそうですね。

この記事のサムネの$1000もどうやら、同じようなお札の一種みたいですね。

この肖像画の方は$5札の方と同じ方みたいですね。コレクターの方には貴重な1枚のようですね。またこの方の名前はカナダの大学の名前にもなっていますね。

まとめ

という事で調べてきましたが、やはり総理大臣が多いですね。戦争などの混乱期を指導した方々などが多いという印象をうけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました