カナダ留学あるある 10選

カナダあるある

当たり前の話ですが日本とカナダは違う国ですよね、ですので文化や言語は当然異なります。という事は生活様式なども日本とはかなり異なるという事になりますよね?

この記事を読むと、カナダの文化の一部を理解できるようになり、ワーキングホリデーなどをカナダでするときの手助けになります。

結果的に色々な事を前もって準備できるようになります。例(カナダはタバコが高い、カナダでタバコをやめる、または日本からある程度のタバコ持ってくる)

思ったより色々な人種の人がカナダにはいる

わたしはカナダに来る前までカナダは白人だけだと思っていました。しかし、バンクーバーやトロントには色々な人種の方がいます。

ですので、英語もスペイン語訛りの英語や中国語訛りの英語など本当に様々です。つまりカナダは色々な国の文化を学べる素晴らしい国です。

ただカナダ全体では2016年の統計で73%は白人というデータも出ています。バンクーバーやトロントなどの大都市は白人は少なめです。

トロント留学がおすすめできる理由は下記!

1セントがない

日本では考えられない話ですが、カナダでは数年前から1セントがないです。カナダ政府は1セントを排除した理由にあまり使い勝手がないと言っております。事実、1セントを作るのに1セント以上のコストがかかるのです

Penny (Canadian coin) - Wikipedia

お菓子などが異常に甘い

お菓子なのだから甘いのは当たり前と思うでしょうが、北米のスイーツの甘さは異常だと思います。

とにかく表現しずらいほどあまく、チョコーレートなどでも口に入れた瞬間に砂糖?といった感じになります。食べ過ぎると、健康の面でリスクがありそうなものばっかりです。

コンビニが少ない

これは理解できるかもしれませんが、コンビニが少ないです。世界で有名なセブンなどはカナダでも数店舗はあるのですが、カナダ最大の都市のトロントでもたぶん10店舗くらいだと思います。

また他のコンビニも日本と比べると圧倒的に少なく、しかも日本ほど便利ではないというのが実際の所です。

24時間営業は少ない

日本ではコンビニを筆頭に、飲食などや雑貨など、色々な職種で24時間営業のお店はたくさんありますがカナダでは24時間営業のお店はかなり少ないです。

ファミレスも思ったほど多くないです。大手のコンビニエンスストアくらいですね。ですので、留学生はカナダに来る前からこのことは理解しておくといいですね。

レストランの料理の1人前がかなりでかい

バンクーバーかトロントか?には関わらずカナダのレストランやバーでは一人前の料理の量がかなり多いです。

個人的な感想ですが日本と比べると1.5倍-2倍くらいはあるのではないでしょうか?実際に4人-5人の男性でレストランに行って、3つか4つくらいそれぞれ違うもの頼んでシェアをしてちょうどいいくらいです。

日本の女性の方ならそれでも多いと思います。

カナダの外食あるあるも見て行ってね!

とにかく寒い/雨ばかり

カナダに留学しているから寒いのは当たり前じゃんと思うかもしれませんが、留学する場所によってこの寒さはかなり異なります。

バンクーバーは冬の間も気温は氷点下になる日がたまにあるくらいのイメージです(ただし、雨が多いですが)ですので、寒くはなりません。

では他の都市のトロントなどはどうかですが、寒い時期ですと-20℃から-30℃くらいまで下がります。

モントリオールはもう少し寒いかもしれません。ですので、日本などで売っている冬のコートなどだと単純に使い物にならない可能性もありますのでカナダに来てから買うというのもありだと思います。

夏の間に買ったりすれば安く買えたりします。

人によっていろいろな英語(癖がある)をしゃべる

カナダの英語のイメージと言えばきれいな英語ではないでしょうか?事実、アクセントが少ないと言われています。

ですが、移民国家であり移民の方が多いために英語にしても色々なタイプの英語あります。たとえばフィリピンの英語とインドの英語とでは発音や単語の使い方などで中身が違います。

また英語を母国語としてしゃべる国はジャマイカやシンガポールなど様々でこれらの英語もまたかなり違います。

また非常に重要な事に上記の英語のアクセントがかなり異なりますので、現地で滞在しながら少しづつ慣れていくことになります。

また英語が母国語でない方々、スペイン語や中国語、日本語や韓国語な言語には独特のアクセントがあります。ですので、これになれることも重要になります。

果物が安い

日本と比べると果物がかなり安いです(バンクーバーとトロント)。なぜでしょうか?例えばスイカは1玉300円くらいでメロンは200円、イチゴは1パックで150円と日本では比べものにならないくらいです。

ただ、日本の果物と味を比べると日本の方がおいしいと思います。またカナダでは日本であまり見ない果物も売っています、そのうち紹介できればいいと思います。

タバコが恐ろしく高い

日本のたばこの現在の値段は500円くらいだと思いますが、カナダでは1箱1200円くらいとなっています。

カナダに限らず、欧米ではタバコは基本的に高いのですがこれは税金が高いのでこのようになります。

カナダ留学でタバコを吸っているとお金を貯めるのはかなり難しいです。そのために留学を機にタバコをやめてみるのもいいのではないでしょうか?

まとめ

正直な話、カナダは日本ほど便利ではないかもしれません。基本的にお店が夜遅くまでやっていることは少ないからです。また食べ物にもかなりの違いあります、味や量などのはその筆頭です。

カナダと日本は違う国になので、文化や生活スタイルが違うのは理解できると思います。ただし、それを前もって知っていれば、色々な意味で準備ができるのでこの記事があなたの助けになればと思います。

S BによるPixabayからの画像

272447によるPixabayからの画像

昕 沈によるPixabayからの画像

Ralf KunzeによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました