カナダ政府が注意喚起の詐欺とは何? 3つの機関と典型的な詐欺の方法をしっかり知って回避しよう!

その他

カナダの2020年の詐欺の被害件数が15000件で被害総額が50億円となっています。これはかなりの額ですね。

つまり単純に言うとあなたにこの1人になってほしくないという事ですね。実は過去にも同じような記事を書いた事があります。(少し被ってしまいますが…)

ただし、このような詐欺(政府関連の詐欺)は常に進化しています。そのために注意喚起の意味合いも含めて再度、記事にしました。

今回の記事でははカナダ政府が公式のウェブサイトでカナダ政府関連の詐欺について実際に注意喚起を促している詐欺の詳細を書きました。ぜひ参考にしてください

Scams and fraud - Canada.ca
  1. 詐欺関連に悪用される 主なカナダ政府系機関は下記の3つ
    1. (Ⅰ)カナダ移民局(Immigration Canada)
    2. (Ⅱ)カナダ・サービス局(Services Canada)
    3. (Ⅲ)カナダ税務局(Canada Revenue Agency)
  2. カナダ移民局系の詐欺(Immigration Canada)
    1. 注意点
  3. またカナダ移民局は典型的な例で3つの方法で詐欺を行ってくると言います。
    1. Fake Email(嘘のメール)
    2. Fake Virus(コンピューターウィルス)
    3. Fake Prize (偽りの当選 商品など)
  4. 【Ⅱ】カナダサービス局に関連する詐欺
    1. カナダ・サービス局は下記の事はしないと言います。
    2. SINには気を付けよう
    3. CERB(新型コロナ 給付金詐欺)が最近では詐欺申請がトレンドのようです。カナダ政府が電話やメールで申請を促すことはないと言います。
    4. またカナダ政府はこのような詐欺からあなた自身を守るためにしてほしい事を紹介しています。
    5. またもし被害にあってしまった場合には“1‑888-495-8501.”連絡するようにといっていますね。
  5. (Ⅲ)カナダ税務局 (Canada Revenue Agency)
    1. まず、CRAは3つの方法であなたに連絡します。
    2. CRAが電話をかけてきたときにする事
    3. CRAが電話でしない事
    4. CRAがEmailでする事
    5. CRAがEmailでしない事
    6. CRAがEmailでしない事
    7. CRAが詐欺 防止のために皆さんに伝えたい事。
    8. もし詐欺になった/あっているかも?

詐欺関連に悪用される 主なカナダ政府系機関は下記の3つ

(Ⅰ)カナダ移民局(Immigration Canada)

はい、みなさんがワーキングホリデー来ることになるとまず、ここにビザの申請をすることになります。

その後に、受理されるかどうかなどが判断されビザの発行という事になります。また永住権の判断などもこの機関だと言われていますね。

そうですね、結構な額のお金を払う必要がありませんか?そこのポイントを詐欺をする連中はしっかり押さえています。つまり詐欺に使われる可能性がたくさんあるんですね。

(Ⅱ)カナダ・サービス局(Services Canada)

はい、この中では一番 馴染みがないかもしれませんが この三つの中でカナダ住民に1番使われていると言います。

上記のカナダ移民局が就労ビザの許可を出す場所なら、このカナダ・サービス局は主に福利厚生の問題を扱っています。

失業保険、産休、子供の手当て 免許証、保険証など長期の滞在者ならお世話になる事も多いと思います。

Service Canada Home - Accueil - Canada.ca

(Ⅲ)カナダ税務局(Canada Revenue Agency)

この局もあまり聞いたことがないかもしれません。ただし、CRAは主に税金を取り扱っています。GSTなどですね。

つまり、タックスリターンなどの申請はここに申請(すべてではないです)することになります。そうですね、還付金詐欺などを狙っている連中はここに関連付けると言われていますね。

カナダ移民局系の詐欺(Immigration Canada)

ではカナダ移民局関連の詐欺を調べていきましょう。まず、下記【1番最後】のサイトに行ってみるとカナダ移民局は下記のようなことはしないと書いてあります。

注意点

  • contact you over the telephone to collect fees or fines,

移民局は電話で、手数料や罰金の徴収を行うことない。確かに、個人的にもこのような電話は今まで1度もないですね。(主にメールなどを使っていると思います)

  • be aggressive or threaten to arrest or deport you,

移民局は逮捕をチラつかしたり、国外退去などの勧告で脅すことはしない。

  • threaten to harm you or a member of your family, or damage your home or property,

移民局はあなたの家族や私有地に関して(他の問題のために)、脅すようなことはしない。

  • ask for personal information over the phone (except to verify information you already gave us),

移民局は電話で個人情報(再度)を聞かない

  • ask for financial information over the phone,

移民局は一個人の金融機関の情報を電話で聞くことはない

  • try to rush you into paying right away,

移民局は支払いなどを急がせることはしない(常に期限が設定されている)

  • ask you to pay fees using prepaid credit cards, Western Union, Money Gram, gift cards, or any other similar services, or

移民局は先払い式のクレジットカード(ギフト)で支払いをさせる事はない。

  • send police to arrest you for unpaid fees.

移民局は支払いをしないから、警察を送って逮捕すると脅迫しない

またカナダ移民局は典型的な例で3つの方法で詐欺を行ってくると言います。

Fake Email(嘘のメール)

“What happens: You may get an email trying to convince you to invest money or to give personal information or passwords related to your banking accounts.”

嘘のメールはよく、投資などを促してくると言います。また、返金をしたいから口座のパスワードなどの教えるように聞いてくるみたいですね。

つまり、そのようなメールを開けない事、またクリックなどもしないというのが基本的な方法になります。

Fake Virus(コンピューターウィルス)

“What happens: You may get a phone call or email saying that your computer has been infected with a virus. The caller or sender will offer to remove the virus from your computer. The person will try to get your computer passwords and other private information.”

これは、わたし個人もよくあるのですが、いきなりテキストや電話音声で掛かってくる事が多いですね。解決方法としてはウイルスソフトのダウンロードに限ります。

Fake Prize (偽りの当選 商品など)

“If you get a phone or text message that says you won something, but you did not enter a contest, it is probably a scam.”

はい、これも経験がありますね。わたしは未亡人で夫の10億円があるんだけど…とかいうやつですね。

“馬鹿じゃねぇから!と思いますね。メールでもありますし、テキストでもあります。すぐに消しましょう

下記に詳細があります。ぜひ一回くらいは調べてみてください。

What kinds of fraud should newcomers to Canada watch out for? - Canada.ca
(Also available in Arabic) Know about some common scams aimed at newcomers to Canada and learn how to report fraud. By Immigration, Refugees and Citizenship Can...

【Ⅱ】カナダサービス局に関連する詐欺

カナダサービス局によると下記の個人情報(クレジットカードの番号、銀行の口座番号、パスポートの情報)を電話やメールなどで聞くことは稀だと言います。

カナダ・サービス局は下記の事はしないと言います。

“requests for personal information (such as a Social Insurance Number, credit card number, bank account number or passport number) by telephone, email or text

携帯電話などで“ここをクリックしてください”と言うようなテキストなどを送る事はない。来た場合にはすぐに消してくださいとありますね。

notifications (text or email) or calls that attempt to complete a financial transaction (such as messages requesting to click on hyperlinks to deposit benefits or to pay taxes)“

SINには気を付けよう

特に上記に書いてあるSIN(Social Insurance Number)は気を付けてください。個人情報でもしわかってしまうとかなりの情報が漏れてしまいます。

CERB(新型コロナ 給付金詐欺)が最近では詐欺申請がトレンドのようです。カナダ政府が電話やメールで申請を促すことはないと言います。

オンライン申請か、電話(1-833-966-2099)のみと言います。つまり、この2つ以外なら詐欺と判断していいみたいですね。(詳細は下記)

またカナダ政府はこのような詐欺からあなた自身を守るためにしてほしい事を紹介しています。

  • Caller ID is a useful feature, but criminals can alter the information it displays. Never use only the displayed information to confirm the identity of the caller, whether it be an individual, a company or a government entity

携帯電話の設定で相手の番号が出ていないと電話がつながらない設定がありますが、これで安心するのはお勧めできなと言っていますね。(詐欺連中は番号も作れる)

  • Be suspicious if an individual ever asks you to pay taxes or other fees via an email, a call or text message.

一個人が、税金などの話をしてきた場合には注意するように促しています。

  • Keep your access codes, user ID, passwords and PINs secret Keep your address current with all government departments and agencies

あなたの個人情報などが漏れないようにしっかり管理してくださいとありますね。

  • Before supporting any charity, use the CRA website to find out if the charity is registered. You should also obtain information on the way it does business

非営利団体にも詐欺グループが多数いる事が分かっているようです。そのためにCRAのウェブサイトでちゃんと登録をされているのかどうかしらべてくださいとありますね。

  • Be careful before you click on links in any email you receive. Some criminals may be using a technique known as phishing to steal your personal information when you click on the link

メールや携帯電話のテクストでクリックを促す、方法は詐欺の典型的な例が多いと言っています。

  • Protect your Social Insurance Number.

先ほども言いましたがSINは個人情報の塊のような番号(情報)です。守って下さいとありますね。

  • Do not use it as a piece of ID. Never reveal it to anyone unless you are certain the person asking for it is legally entitled to that information

個人情報を大切にしてください

  • Pay attention to your billing cycle and ask about any missing account statements or suspicious transactions

あなたの銀行のトランスアクションに注意を払ってください。余計な支払いなどはありませんか?

  • Shred unwanted documents or store them in a secure place. Make sure that documents with your name and SIN are secure

しつこいようですが、SINとあなたの名前は重要です。漏れないように管理しましょう

  • Immediately report lost or stolen credit or debit cards Carry only the ID you need

個人のIDは必要な時にしか持ち歩かない事にする、またクレジットカードやデビットカードを紛失したらすぐに連絡する事(止める事)

  • Do not write down any passwords or carry them with you

色々なサイトのパスワードは持ち歩かない事にしましょう

  • Ask a trusted neighbors to pick up your mail when you are away or ask the post office to place a hold on delivery

あなたが家にきた手紙などを受け取れないときには親戚や、信用できるとなりの家の方に取ってもらう事も検討しましょう。または郵便局に連絡をして配達のいちじ停止など

またもし被害にあってしまった場合には“1‑888-495-8501.”連絡するようにといっていますね。

Protect yourself against fraud - Canada.ca
There are many fraud types, including new ones invented daily. 1 800 O Canada is a general information service and does not make unsolicited attempts to reach C...

こちらの方も一度は目を通しておく事をおすすめします。

(Ⅲ)カナダ税務局 (Canada Revenue Agency)

さすがに税金関連の機関であるために詐欺もここに関連するものがかなり多いと言っていますね。ですので、この機関のページは長くなっています。もう少しお付き合いください。

まず、CRAは3つの方法であなたに連絡します。

(1)電話

(2)e-mail

(3)配達便

また、上記でする事としない事を明確に分けています。

CRAが電話をかけてきたときにする事

  • 氏名、住所、年齢やSINなどの確認(確かに個人の経験でもこれはありますね)
  • あなたのCRAのアカウントについて、質問をすることがある
  • 税金の支払いがが残っている場合には連絡する可能性があるみたいです。
  • 監査の開始の連絡をする
  • あなたの会社が小さい場合にはアドバイス(ベネフィットを含む)をする事がある

CRAが電話でしない事

  • 住所や氏名の確認なしでの支払いの請求をしない
  • 好戦的な言葉を使わない
  • ボイスメールに金融機関の情報を残さない

CRAがEmailでする事

(1)あなたがCRAアカウントに登録をしているケースでは“新たなメール”がある事を告知する

(2)あなたが、CRAの職員と連絡をしている時に何かの確認としてEMAIL(LINK付きの)を送ることがある、またこれが唯一のケースだと言います。

CRAがEmailでしない事

  • Emailで金融機関の情報を聞く。
  • Emailの中に金融機関の情報を記入する場所があるものを送る
  • 還付金のLinkをemailに添付して送る
  • 借金の催促(払わない場合には法的処置の告知)

CRAがEmailでしない事

(1)ミーティングの設定

(2)個人の確認なしでの送金の話

(3)無支払いのケースの懲役などの話

CRAが詐欺 防止のために皆さんに伝えたい事。

  • Never provide personal information through the Internet or by email. The CRA does not ask you to provide personal information by email.

CRAはE-mailでの個人情報を聞くことはない

  • Be suspicious if you are ever asked to pay taxes or fees to the CRA on lottery or sweepstakes winnings. You do not have to pay taxes or fees on these types of winnings. These requests are scams.

CRAは宝くじ当選金にたいする税金を聞くことはないし、もともと非課税である

  • Keep your access codes, user ID, passwords, and PINs secret.

CRAのアカウントのuser ID, PIN, access codesの流失をさせない事

  • Keep your address current with all government departments and agencies.

あなたの住居(カナダ)の住所を常にアップデートする事

  • Choose your tax preparer carefully! Make sure you choose someone you trust and check their references. Always review your return, agree with the content before filing, and follow up to make sure you receive your notice of assessment, since it contains important financial and personal information that belongs to you.

Tax returnをするときに金額ではなく、信頼性で会社を選ぶこと(または個人で行う事)

  • Monitor your tax accounts by registering for My Account or My Business Account. Once registered, sign up for email notifications (account alerts), which will notify you of changes made to your accounts (e.g. change in address or direct deposit information) or if paper mail from the CRA was returned.

CRAにアカウントを使うにあたって、emailアドレスなどを常にチエックする事。

  • Before supporting any charity, use the CRA website to find out if the charity is registered and get more information on the way it does business.

非営利団体がCRAで登録済みかどうか必ず調べる事(詐欺あり)

  • Be careful before you click on links in any email you receive. Some criminals may be using a technique known as phishing to steal your personal information when you click on the link.

EmailにあるLINKは詐欺の可能性も高い(また情報を盗まれる可能性も)

  • Caller ID is a useful function. However, the information displayed can be altered by criminals. Never use only the displayed information to confirm the identity of the caller whether it be an individual, a company or a government entity.

電話番号でCRAと出ても、詐欺の可能性があるために注意

  • Protect your social insurance number. Don’t use it as a piece of ID and never reveal it to anyone unless you are certain the person asking for it is legally entitled to that information. If an organization asks for your social insurance number, ask if it is legally required to collect it, and if not, offer other forms of ID.

SINをIDに使わない事。この情報が洩れると大変なことになる

  • Pay attention to your billing cycle and ask about any missing account statements or suspicious transactions.

あなたの請求書のサイクルに気を付ける事、たとえば、電話の請求書が2カ月間で4回も来ないはず

  • Shred unwanted documents or store them in a secure place. Make sure that documents with your name and SIN are secure.

大事な書類はちゃんと保管しておく事。

  • Immediately report lost or stolen credit or debit cards.

もし、クレジットカードやデビットカードを紛失した場合にはすぐに連絡する事

  • Carry only the ID you need.

IDは常に持ち歩かない事、必要な時だけ

などなどを推奨しています。

もし詐欺になった/あっているかも?

もしあなたが詐欺に合ってしまったら1-866-274-6627にすぐに電話する事。また、その可能性を感じたら電話をすべきとしていますね。他にも下記の可能性に言及しています。

(1)自分の個人情報(CRAアカウントのパスワードなど)などが漏れたと感じた場合に

(2)情報が盗まれる可能性がありと感じたときにはアカウントを一時的に止める事

(3)また、再度 開けるときに連絡をする事

下記のサイトに飛ぶと、カナダ政府がまとめた詐欺の物語を調べることができます。時間があればぜひ

Slam the scam – Protect yourself against fraud - Canada.ca
Informing yourself is the best protection against fraud. FRAUD: Recognize It. Report It. Stop It.

まとめ

という事でカナダ政府が公に注意喚起をしている詐欺を3つの政府系機関を中心に説明してきました。正直な話しで、上の3つは詐欺に最も使われやすい政府系機関のつです。十分に注意しましょう。

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

mohamed HassanによるPixabayからの画像

mohamed HassanによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました