カナダらしい写真をさらに10個ほど集めてみた ほっこりしていってね!

その他

カナダに長期間滞在してると、いろいろな写真を見ますが、その中でのいくつかは皆さんとシェしたいくらい興味 深い写真があります。

この記事ではカナダらしい写真を10枚ほど集めています。ぜひほっこりしていってください。

カナダグースも一緒に横断 歩道を渡る

日本には明らかにいない生物ですよね?カナダではよく見かける生き物です。一般的にはカナダグースと言いますが、日本語だとカナダ・ガンでしょうか?

ちなみに冬用のコートでも有名なカナダ・グースですが、こちらのジャケットにはカナダグースの羽は使われていません。(昔は使われていたみたいですね)

ちなみに、おとなしそうですが繁殖の時期になると結構危ないです。気を付けて

“わたしはカナダ人ですので、寒くないんですよ。”

上記の写真ですが、カナダなら結構あるかもしれません。と言うのも、日本の方ではバンクーバーやトロントなどの都市が有名だと思います。

しかし、カナダには上の2都市いじょうに 寒い都市がいくつも存在します。そのような都市だと真冬に-40℃となり極寒ですそのために雪が溶けないとしても、-2℃くらいは春に近いのです。

例えば、0℃から40℃に上がると日本では真冬から真夏に変わるぐらいのインパクトがありますよね?

カナダのいくつかの都市ではこれが真冬から春になると起こる現象なんですね。(まぁ、簡単に言うと勘違いです)0℃でもこの軽装だと危険だと言われています。皆さんも気を付けてください。

トナカイの爆走

日本語で言うと、ヘラジカという動物ですね。トナカイの一種だとおもいます。日本でこれが起こると動物園からの脱走の一択になると思いますが..

カナダでは野生のトナカイがいるんですね。この場所(写真の場所)を見つけることができなかった野生のトナカイですが、バンクーバーやトロントではあまり見ることができません。

そのためにたぶん少し外れの方だと思います。それにしても、かなり急いでいますね。サンタに会いに行くんでしょうね。

バスからごめんなさい”SORRY”の文字が

これは、かなり強烈な事故ですね。皆さん無事ならいいのですが..もちろん日本と同じようにカナダでも交通事故は起きますので気を付けてください。

話はわかり、バスの電光掲示板に”SORRY”と出ていますね…かなり哀愁が感じ取れます。((+_+))

カナダ人は基本的は礼儀 正しいよ! 一部を除いては

こちらの看板ですが、簡単に訳すと”すべてのカナダ人が礼儀正しとは限らない”それと同じように一部のカナダ・グース(の写真【1番最初】)も狂暴と言っていますね。

また、近すぎるだけではなく子供がいると狂暴になりえますので気を付けましょう。

あれっ!人間っていいなぁ プールっていうの?

これは間違いなく、夏の間の写真だと思いますヘラジカが簡易プールで水を飲んでいるところでしょうね。カナダらしい1枚ですね。

アマゾンに頼んだ、商品が届ていない! なんで? 熊がいたから..

これはカナダポストからの告知で”あなたの荷物が届きました”という紙ですね。配達係の人が、家の前まで来たのですが”熊がいたのでその時は配達を見送ったみたいです”

これは、カナダあるあるなんでしょうか?これは熊った事ですね。

カナダで駐車 違反になったが..ラッキーーー?

カナダで駐車違反をすると、黄色の紙が車のフロントガラスの辺りにはり付けられるのですが、この紙は違うみたいですね。

この紙、”あなたの車は駐車違反だけど”今回は見逃すという紙ですね。私も一回、同じような警告をもらったことがあります。

カナダの警察官の仕事だが、まずは瞑想から始まる

瞑想は、日本で言う禅とでも言った方がいいのでしょうか?とにかく、精神統一は危険な仕事であればるほど重要だと言いますよね。

カナダの警察官の場合にはいきなり銃撃戦になる可能性もありますので、そのような土壇場にどれだけ落ち着いて、冷静に対処できるのか?が焦点なんでしょうね。

へっへっ!ホッケーおもしれよー

はい、カナダでいちばん人気があるスポーツですね。たまには警察官の方々も一緒にやっちゃうみたいですね。

ちなみにカナダ英語で”さぼる”PLAYING HOCKEY”と言いますね。ということで、この警察官はそのように言われることになるでしょうね。

まとめ

カナダらしい写真をいくつか紹介してきました。動物のものや、環境の写真、また日常生活の写真もいくつかありましたね。

45 Funny Pictures That Perfectly Sum Up Canada | Bored Panda

コメント

タイトルとURLをコピーしました