はじめまして!カナダおじさんです。

その他

突然ですが、カナダ留学、カナダワーホリ、カナダ永住権とグーグルで検索してみてください。

でてきた最初のページでほとんどの場合は会社やカナダでの検索サイトのページではないですか?個人ブログなどは皆無と言ってもいいのではないでしょうか?

このような状況は今さら始まった事ではないです。わたしがカナダに来た2006年当初からこのような感じでした。

会社として利益を出していかなければ会社の経営を続けていけないために、まずはインターネットから集客をするという事になっているようです。

ですが、いち個人としてこの状況に違和感を覚えることもあります。少数派ですがかなり微妙な留学エージェントもあります。

この記事を書いている5月の20日現在でカナダへのワーキングホリデーの入国ではカナダ国内での雇用契約が入国に必要なるという事は知っていましたか?

またカナダ国内で新型コロナに適用できる保険がないと入国できない事もしっていましたか?

Coronavirus disease (COVID-19): International Experience Canada applicants - Canada.ca
Instructions for International Experience Canada participants affected by the novel coronavirus.

留学エージェントによってはこのような情報を出していないところもあるようなのです。かなり重要な情報です。あなたの留学会社のウェブサイトでは説明ありましたか?

読者さんに知ってほしい事【わたしの強み】

(1)留学関連の会社では出せない情報を新鮮な状態で提供する。

これは個人ブログのつよみでもあるのではないでしょうか?実際に留学エージェントでは出せないような情報もかなりあります。

もちろん、多数の留学エージェントはその情報を知っていもビジネス面の利益を考えて出せないのです。

(2)わたし個人で色々な経験をしている事、15年間カナダに滞在しておりわたし個人の経験を踏まえた記事がかける事。今、現在もカナダに住んでいる事

”コスパ重視のカナダ在住15年おじさん! ワーホリ、語学留学、ホームステイ、カレッジ、4年制大学(どちらも修了)、正規/非正規社員 永住権(自力申請)をしたかなりのカナダのマニアです。

カナダのゆるい生活が好き 私の極意!充実!エコ留学法(せこくない)伝授したいです!貿易関係に従事している30代 ”

(3)最終的にあなたをカナダ留学させることが目的ではない事、そのためにわたし個人としては情報の提供に徹底できます。その反面で留学エージェントの目的がここになります。

わたしの弱み

では私に弱みはないのか?もちろんあります。

(1)このブログを経営していくために広告をはらざる得ない事や近い将来に他にも経営の方法をいろいろ考える必要がある事。

正直な話、一部の人にはかなり煩わしいと思います。(2020年5月現在はまだ広告はないです)

(2)他にも仕事をしているために時期によっては更新がおろそかになる可能性がある事

(3)留学エージェントで提供できる、幅広いサービスの手配が提供できない事。できるのは情報だけになってしまう事、特に始めたばかりの2020年

(4)個人の経験を記事としてまとめるために一部の人には不快な思いをさせる可能性がある事

わたしの最終的な目標

インターネット上で留学エージェントがとても強い、この状況をすこしでも変えることができればと思います。できれば個人ブログとビジネスの会社が競合するような状況。

またわたしの情報で個人でも英語力が高ければ自力でワーホリやホームステイなどができるように情報を出していきたいです。

youtubeやtwitterもやっていますので下から行ってみてください。

よろしくお願いいたします

Ryan McGuireによるPixabayからの画像

Christian DornによるPixabayからの画像

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

タイトルとURLをコピーしました