カナダあるある 日本とは違いすぎる法律 8選  成人編

カナダあるある

カナダ留学に来たけど、英語の勉強と仕事だらけでなんかカナダ生活をエンジョイしていないと感じる方はそこそこいるのではないですか?

バーに行ってみたいし、ナイトクラブで踊ってみたい方やカジノにだって一回くらいは行きたいと思っている方もいると思います。日本のナイトクラブやパチンコ屋みたいな感じかな..?

でも待ってください、”日本ではこうだからカナダでもこうだろう!”というのは違いますよ。本日はそんな記事です。

この記事ではカナダのトロント(いくつかバンクーバーでも適用)にて日本とはかなり違う成人のための法律を紹介したいと思います。

大麻が買える(全国規模で:未成年不可)

はい、この記事を読んでいただいている方は知っているかもしれませんが、カナダは全国的に大麻の使用が合法化されています。

しかもこれは、日本でも議論になるのも許されないような医療用の大麻の合法化というわけではありません。娯楽目的の大麻の使用が合法化されているわけです。

わたし個人は医療用の大麻の合法化に限り肯定的な立場ですが、いずれこのブログでも肯定派と否定派の意見を共に記事にさせていただければと思います。

外でお酒が飲めない(州により異なる可能性あり)

すくなくても、カナダのトロントでは外で一部の条件を除きお酒を飲むことが認められていません。

日本人からすれば花見などの文化があるゆえに、少し寂しい感じはすると思いますがこれも文化の違いなのでしょう。

ただし、近年では公園などで、しかも限ったスチエーションでなら可能にしようという動きが出ています。

そんな固いこと言うな!留学も楽しみたいというあなたへの記事です。

Ontario government to allow drinking in parks and public areas
Toronto has long wanted to drink in the park, and that could soon be allowed, if all goes according to plan.  Part of Ontario's budget reveal today...

ドアの近くでタバコが吸えない

少なくてもカナダでは何かの建物の入り口付近ではタバコが吸えないという事になっています。そうですね、副流煙の煙害ですね。

日本でも近年ではタバコの喫煙についてかなり厳しくなってきましたが、それでも建物の入り口で吸ってはいけないというほど厳しいものではないと思います。

ちなみにトロントでは一般な建物の9メートル以内では喫煙ができません。また学校(高校まで)の建物ではさらに遠くに設定されている法律もあります。

カナダではタバコも高く、法律も厳しいのでこの機会にやめるという、手もありだと思います。

安楽死が合法(こちらは、成人とは関係がありませんが見つけたので)

カナダでもほんの数年前の2016年い合法化されたこの法律ですが、もちろん安楽死をさせるには色々と条件があるようです。(まぁ、当たり前ですよね)

当人が不治の病であるひつようがあります。またこれには精神の病や体の不自由な障害者などは対象外となっています。ですので、本当に限られたケースという事にないりますね。

Euthanasia in Canada - Wikipedia

カジノが合法

えっ!日本にもパチンコあるじゃん!合法じゃん!と思った方もいると思いますが、パチンコはかけ事ではないようです。はい、わかりますよ!ギャンブルですよね?私もそう思います。

その話は置いといて、カナダではカジノが合法化されています。これは日本のパチンコとは全く違うレベルのギャンブルと考えていいと思います。

一度でも行ったことがあるとわかると思いますが、1分間で2万ー3万円ていどかける事もできますし、テーブルによっては50万円(ハイローラー)を1分―2分で失う可能性もあるのがカジノです。

楽しみ方にもよりますが、日本のパチンコとはかなり違い、ギャンブル性も高いと思います。

カナダのカジノの記事を書いたよ、行く前に読んでね。

お酒、たばこ、カジノでIDが必要

カナダのトロントではお酒を買うにも決まった場所でしか買うことができません。これは日本ではありえない事で不便だと思います。(州によって違います)

また、これには言っておかないといけない事があります。ワーキングホリデーの方ではほとんどのケースでIDが必要です。一般的には日本人は童顔の方が多く、一見すると若く見えます。

そのために、お酒、たばこ、カジノなどではかなり高確率でIDを聞かれます。わたし個人はすでに30代になっており一般に言うおっさんの年齢ですが、少し前までIDを聞かれていました。

日本でタバコを買う時、お酒を買う時、パチンコ屋に入る時に必ず身分証明書を聞かれますか?

この答えは年齢などにもよると思いますが、ほとんどの方がコンビニでボタンを押すくらいなのではないかなと思います。カナダではIDの提示を求められます。

成人年齢の違い(カナダの方が早い傾向があるようです)

お酒をのめる年齢

日本ではお酒を飲める年齢は20歳で間違いなかったと思います。

これがカナダではあなたが住んでいる州によって違います。具体的に、ほとんどの州で19歳です。ちなみにバンクーバーとトロントは19歳となっています。

Alcoholic drinks in Canada - Wikipedia

車を運転できる年齢

日本で車を運転できる年齢は18歳でよかったですか?

たしか、原付などは16歳くらいからでも免許取れたような感じがしますね。ではカナダではどうでしょうか?

留学生に人気のある、バンクーバーとトロントは16歳から車の免許を取り出すことが可能になります。(ただし、かなり禁止事項があります :高速道路を運転できないなどなど)

またアルバータ州では14歳から、車の免許を取り出すことが可能です。かなり早いですね。

Driver's licences in Canada - Wikipedia

カジノに入れる年齢

日本では存在しない、カジノですが、カナダでは全国的に19歳になると入ることができます。いくつかの州は18歳でも入ることができます。

ちなみにアルバータ州(石油の産地)は18歳でもカジノに入ることができるようです。

Legal Gambling Age in Canadian Provinces other casinos around the world
A compilation of legal gambling ages in all provinces of Canada and other major countries where the legal gambling age can range from 18 to 23.

まとめ

と、カナダと日本で違う成人の年齢の違いを書いてきました。ほとんどのケースで日本より早いということですので、日本人の方はIDがあれば問題ないという事ですね。

カナダ留学頑張って下さい。

Steve BuissinneによるPixabayからの画像

7raysmarketingによるPixabayからの画像

Anja🤗#helpinghands #solidarity#stays healthy🙏によるPixabayからの画像

bridgeswardによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました