ハリファックスでのルームシェアの経験談を紹介

カナダの滞在場所

今回も引き続きYさんにルームシェアの体験談を語ってもらいました。ここ数年でカナダ留学と言えばホームステイという感じの考え方もなくりつつあります。

そのため、ほとんどの方がルームシェアをしながら留学をしたり、就労をしたりという事になるのですが、シェアハウス探しは本当に大変なんですね。

その苦労をみなさんにも理解してもらって、出国前に対策をしてもらえるといいと思います。ぜひ、参考にしてください

シェア中の暮らしぶり

ホームステイは4ヶ月間のみで、その後は、ハリファックスで知り合った日本人の女の子とルームシェアをしました。

一軒家の2階部分に大家さんが住んでいて、1階を私とその子で使っていました。それぞれのプライベートの個室があり、キッチンやお風呂、トイレは共有でした。

生活必需品の買い物は一緒に行ったり、お互い作ったものを食べてもらったり、気を遣わない程度に助け合う、リラックスした暮らしでした。

語を学ぶために、と最初こそ日本人との関わりを避けていましたが、やはりベースの暮らしはリラックスしているのが一番だと思います

時々彼女と日本語で思い切り話せる時間は、ホームシック中などには心の拠り所になりました。

ハリケーンに備える

彼女とのルームシェア中にハリケーンがやってきました。

台風ではなくハリケーンという響きに根拠もなく怯え、強風で外に出られなくなるといけないから、と食材やキャンドル(停電した時のために)を買い出しに行き、こもる支度をしました。

ところが、わたしたちが住んでいた家のあたりはほとんど被害がなく、少し強い風が通り過ぎたな、というくらいのものでした。あっけなく終わり、無事でよかったね、と言いながら眠りました。

しかし翌日街に出てみると、アパートの屋根が剥がれて落ちていたりして、それなりに威力のあるハリケーンだったようです。ハリケーンの時は外出を控えて家でじっとしているのがいいと思います。

盗っ人騒動

私も彼女も、もうすぐ別の部屋に引っ越すことが決まっていた頃に、ある事件が起こりました。わたしたちが一緒に買い貯めておいたトイレットペーパーがやたらに減っているのです。

最初に気づいたのは彼女で、トイレットペーパーを誰かにあげたりした?と聞かれました。

そんなことはない、と答えた私も、見ると確かに異常にトイレットペーパーが減っていて、どうしたことかと首を傾げました。

すると彼女が夜中に廊下で物音がするのだと言います。家に入れるのは2階に住む大家さん家族だけ。そこで大家さんにそれとなく尋ねてみたところ、急遽足りなくなり少しもらったのだと言われました。

その後こっそり別の種類のトイレットペーパーが補充されていて、彼女と二人大笑いしました。

後日談としては面白いのですが、たとえ大家さんといえど、人のものを無断で拝借するのはいかがなものかと、もやもやした気持ちを抱えたまま引っ越しました。

無料画像を探してダウンロード (pixabay.com)

Canada_Ojisan
Canada_Ojisan

ルームシェアは日本人との方が楽と言う事実は確かに理解できますね。実際に、ルームシェアは日本人同士で、職場と学校などで英語をフルに使うという方も多いです。

本当に色々な体験をなされていて、うらやましい限りです。今回も貴重な記事をありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました